大根を収穫してみました。

 大根を7本収穫してみました(写真)。太さは市販のものに比べても見劣りがしないが、長さが何れも半分位に短い。情けない、短足だ。地上に出ている部分は立派に見えたが、見掛け倒しとはこのことだ。昨年、母親が育てた大根は、足が長く、立派だった。1ヵ月前、雨が降った時、頭が重くなって倒れた。その理由が判った。地中の部分が短かったのだ。葉っぱは、緑が濃く、勢いがあり、根が長いことを考えるとまだ成長する余力があるのでしょう。でも、倒れた大根をみると、長さは1ヵ月前からあまり成長していない。ここの元肥は、油粕と腐葉土。土壌は、実施例3の腐った椎茸の原木とその下の土です。肥料と言うよりも、この時期、低温で日照時間が短くなり、これ以上の成長は期待できない。植えた場所の日当たりが悪いのもあるが、種を撒く時期が遅かったのでしょう。
 しかし、種を遅く撒いた利点もあった。寒くなると蝶類が飛ばなくなり、幼虫の食害が少なかった。
 因みに1本は葉っぱと一緒に浅漬けに、もう1本も葉っぱと一緒に味噌汁に、短足なれど、大根は大根、浅漬けは瑞々しく、味噌汁も美味しく頂きました。負け惜しみじゃないが、1本を一回に使い切るにはちょうど良い大きさです。
写真 短足の大根
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

曲者
2009年12月10日 19:41
大根の写真を拝見させていただきました。短い大根と書かれてましたが、形も道の駅で売られてる大根みたいで自分的には普通にありと思うし、美味しければいいじゃないですか。今年は変な天気が多く(曲者の天気)農作物づくりにはかなり厳しい環境だったと思います。今回の大根はその中でもよく育った勝利の証と見ていいんじゃないですか。幼虫の食害と書かれてましたが、野菜作りも毎日が自然との先が見えない戦いですね。
こきち
2009年12月10日 20:20
コメントありがとうございます。コメント頂くと励みになります。曲者のニックネームで思い出しました。間違っていたら、お許し下さい。貴方は、背中に手裏剣が刺さり、曲者と書いあった、Tシャツを着ていた方ですか?。今年の大根は短足でしたが、来年は、1本100~200円並みの立派なものを作りたいと思っています。

この記事へのトラックバック