ニンニクを収穫しました。

 最近、よく雨が降ります。一昨日まとまった雨が降ったと思ったら、今日も雨模様。作物には良いのでしょうが、雨が降ると作業が進みません。
 さて、ニンニクの葉が枯れてきたので、収穫してみました。
    写真(左:収穫したニンニク、右:市販の中国産有機ニンニク)
画像
 芽が生えてから1ヵ月間位は元気に育っていましたが、4月に入り、急に元気がなくなってきました。2月12日に植え付け、2週間で芽が生えてきた。芽が生えてきてから約3ヵ月間でこの大きさです。あまりにも小さい。こんな小さなニンニクは見たことがない。分球もしていないようだ。本来は、8月下旬~9月中旬に植え付け、10月には芽が出てくるそうです。あまりにも遅すぎた。赤タマネギ用に畑を作ったが、ポットで育てた赤タマネギは、植え付けに出来る苗は60本程で、畑が余り、ニンニクを植え付けた。ニンニクは冬育てる作物で、季節外れに植え付けても育たないことが良く判った。秋にもう一度挑戦してみよう。
 今、その畑には、夏用大根を植えている。ポット撒きは止め、地撒きをして、間引いている。畑は、50%位がミニ積層体の落ち葉と椎茸の原木。さらに鶏糞、油粕、米ぬかを施し混ぜ合わせた。
 他の作物として、栗坊というかぼちゃ、キュウリ、茄子、ピーマンの種をポット(落ち葉+椎茸の原木)に撒き、今週で、全ての品種の種から芽が出てきた。同じ日に種を撒き、一番早く芽が出てきたのが1週間で大根、次にかぼちゃ、ニンジン、キュウリの順で、茄子は3週間経ってやっと芽が生えてきた。トウモロコシも入れると大根とかぼちゃの間に入り、比較的芽が生えてくるのが早い。品種によって、これだけの差があるのも面白い。種からの成育には、時間がかかるので、良く使うキュウリ(5本)、茄子(4本)、ピーマン(4本)の苗を買ってきて、4月下旬、植え付けている。こちらの方は、約1ヵ月経ち、元気に育ち、もうすぐ花をつけそうです。接ぎ苗は、収穫期間が比較的長いが、購入した苗は、接ぎ苗でないので、収穫期間が短い。種からのものと期間差を設けて、収穫しようとするものです。母親が元気な頃、そうすることで約1ヵ月間延長して、収穫できると言っていた。






【◆2011年産予約受付中◆採れたて特選新にんにく★ミックスサイズ(2L?S混合1キロ】収穫したての新にんにくです!【予約受付中】農家直送!特選新にんにく1キロ
ひがしがわ農園 直販部
◆2011年産予約受付中◆好評に付き、2010年産完売しました。多数の注文頂き有難う御座いました。好

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック