トウモロコシの生育状況

 今日は、初夏の暑さです。畑の周りの草刈りで汗をかきました。草刈りも2年目、上手に刈れるようになりました。まだ、終わりません。刈り草を乾燥して、畑に被せます。
 さて、トウモロコシの成育状況は、5月5日に種を植え、約2週間で全ての種から芽が生え揃い、さらに3週間が経過した。途中、小鳥に土を掘り返されたが、毎日水をやり、元気に育っています。間引いた苗も9本あり、折角の苗なので、条間に植えていた。小鳥にダメにされた苗が3本。ダメになった苗のところに間引いた苗を植え付けた。2条の畝に46本、条間に6本、合計52本を育てています。苗は大きくなり、刈り草の高さよりも随分、高くなってきました。
画像

 畝には刈り草を野積みしていたので、ひいき目なのか、昨年と比べると生長が早いように感じます。苗も大きくなったので、茎に侵入する虫対策に唐辛子を漬けた焼酎を霧吹きで苗に散布してみた。アルコール濃度35°の焼酎(1.8L)に漬け物用刻み唐辛子1袋分(180g)を約1ヵ月間、漬け込んだ。アク取り網で刻み唐辛子を掬って取り除くと、やや赤みがかったお茶の色。
画像

 その焼酎がどんな味なのか、お猪口一杯、飲んでみた。とても辛い、激辛だ。とても飲めたものではない。目に染みて、涙が出てくる。一口飲んだだけなのに、一晩中、喉、口中、唇がヒリヒリとした。試し飲みなどしなければ良かった。またその焼酎が手についたままトイレに行ってしまった。その手で触ったのが良くなかった。これがまた一晩中、カッカするやら、ヒリヒリするやら大変だった。
 この激辛の焼酎をトウモロコシの苗に散布してみた。すると苗の傍にいた虫たちが一斉に逃げて行く。全く動かなくなった虫もいる。焼酎に酔ったのか、体がヒリヒリとして動けないのだろうか。辛さ成分が漂い、目に染みてくる。何か効きそうな気がしてきた。ついでに、かぼちゃ「栗坊」、大根、キュウリ、茄子の苗にも散布してみた。効き目があれば、虫捕りが大変だった秋の白菜にも試してみたい。地上の虫には効き目があっても、地中の根切り虫にも効果があるのだろうか。試してみるしかない。でも、これだけ辛いと苗の方に影響がないか、心配になって来た。元気がなくなっては困る。折角の甘いトウモロコシが、辛いトウモロコシになっても困る。散布した後は、勿論、手を石鹸で丁寧に洗った。
 他に虫が嫌がるものは、ニンニク、煙草などがある。これらも有効な気がする。また、アブラムシには牛乳が良いと聞いた。体にかかった牛乳が乾くと牛乳の脂肪成分が気門を塞いで窒息死するらしい。手で虫を捕るのは、大変で難しいので、色々と試してみよう。






故郷~文部省唱歌集
(株)カメラータ・トウキョウ
藍川由美

ユーザレビュー:
文部省唱歌と真摯に向 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック