薩摩芋を全て収穫しました。

 今日から11月、早いものです。今日は、久し振りの天気です。昼間の気温は、13℃。涼しくなってきました。
 さて、薩摩芋の収穫です。6月2日にイモつるを植え付けた。植え付けた畝には、野積みした刈り草を3畝中2畝に埋め込んだ。残りの1畝には、刈り草が足らずのそのまま植え付けた。途中、臭いを嗅ぎつけ、昨年と同様に猪がやってきた。しかし、柵を補強していたので、荒らされることはなかった。また、心配していた猿も、やって来なかった。刈り草を埋め込んだ1畝を10月11日に収穫していた。まだイモつるの葉は、青々としていたが、10月下旬の冷え込みで葉が枯れてきた。残りの刈り草を埋め込んだ1畝、刈り草を埋め込まなかった1畝の2畝を掘り返し、収穫してみました。左が刈り草を埋め込んでいた畝の薩摩芋、右が刈り草を埋め込まなかった畝の薩摩芋です。
画像

 刈り草を埋め込んだ方が、出来がよいだろうと思っていたが、そうでもなかった。大きさも量もあまり変わらない。それでも、自前で食べるには十分な量です。昨年と比べ、イモつるに元気がなく、勢いが違っていた。これも夏の猛暑と雨が降らなかった影響でしょうか。時々、水を施していたが、自然の雨には敵わないのだろう。今年、この畑には、ジャガイモ、薩摩芋を植えていた。金網の天井がないので、猿が襲わないタマネギ(黄、赤)を植える予定です。そろそろタマネギの苗を植え付ける時期、例の堆肥化落ち葉を大量に施し、畝を作っています。自前の苗は、植え付ける大きさに今一ならないのです。苗を買うことになるのかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック