猪に襲われ、全滅してしまった。

 昨日の気温は、26℃、夏日。夜、雨が少し降り、お湿り程度。今日の気温は22℃、春の気温に逆戻り。この気温が暑くなくいいな。
 さて、昨日の夜、ジャガイモ畑に猪が侵入し、ほぼ全滅にしてしまった。
画像

 この光景を見た時、ただ茫然と見つめていた。思えば、ジャガイモ100個を植付けたのは、大震災・大津波があった3月11日でした。追加で200個を植付けました。合計300個(男爵220個、レッドアンデス80個)だった。寒さ対策で、米藁を被せていた。もういいだろうと米藁を取り除いたのが、4月11日だった。奇しくもその日、霜に遭い、葉っぱは、真っ黒になってしまった。それにも負けず、順調に成長していた。芽も1本に芽を摘み、花のつぼみも摘んでいた。この5月の好天に順調に育ち、7月の収穫を楽しみにしていた。
 昨年、この畑には、ジャガイモと薩摩芋を植えていた。薩摩芋の収穫時、猪がやってきた。でも、畑に侵入できず、腹いせとばかりに畑の周りを掘り返していた。柵を補強した効果を喜んでいた。しかし、金網の天井がないので、猿がやってきて、ジャガイモを20本位、引き抜いて食害されていた。猿は兎も角、猪対策はできていると思っていた。
 しかし、金網を破られ、侵入され、滅茶苦茶に掘り返されてしまった。猿に比べ、猪はえげつないやり方だ。猪には大丈夫だという油断だった。本当にショックです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

はなずみ
2011年05月24日 19:04
春先には、どこに行ったかと思うほど静かにしていた猪も、ちょうど食べごろがわかるのか、その頃になると出てきて、人より先に食べてしまいますね(今年は筍の出来が悪かったので、ほとんど足跡を見ませんでした)

筍が食べれなかった分、ジャガイモが狙われたのでしょうか?せっかく霜の害から復活したジャガイモだったのに。さぞ落胆されたことと思います。

次は(もう植えられているでしょうか)サツマイモですか?

畝を作ったり、肥料を考えるとともに、イノシシ対策も・・・。大変でしょうが頑張ってください。
こきち
2011年05月24日 20:16
はなずみさん、励まして頂き、ありがとうございます。
この辺では、猪対策は必須です。今年の筍は、1本も当たりませんでした。掘り返し、食べた形跡があったので、先に食べられたと思っていましたが、筍の出来が悪いのもあったのですか。ジャガイモはショックでした。でも、土を被せ、昨日、雨が降り、生き返った苗もあり、30本位は、大丈夫なようですですが…。今後、トウモロコシ、カボチャ(栗坊)、サツマイモを植える予定です。トウモロコシ、カボチャは、ポットに種を撒き、苗が大きくなりました。猿、猪、ヌートリア対策を考えると、防御柵の他、金網の天井がある畑に限られてきます。

この記事へのトラックバック