ジャガイモの収穫

 昨日の昼間の気温は、30℃、曇り空なのに蒸し暑かった。
 さて、ジャガイモを全て収穫しました。今年、5月21日、ジャガイモ畑に猪が侵入し、ほぼ全滅にしてしまった畑のものです。思えば、ジャガイモ100個を植付けたのは、大震災・大津波があった3月11日でした。その後、追加で200個を植付けた。合計300個(男爵220個、レッドアンデス80個)だった。寒さ対策に米藁を被せたが、4月11には、霜に遭い、葉っぱが真っ黒になったものの、その後、順調に成長していた。芽も1本に芽を摘み、花のつぼみも摘んでいた。猪の襲撃後、掘り返したジャガイモの茎を植え直していた。昨年、雨の日に一部収穫し、腐らしてしまった。ジャガイモは、好天が3日間続く、梅雨前か、梅雨明けに収穫することを知った。昨年の反省を踏まえ、この7月、葉っぱが枯れ、梅雨が明け、好天が3日間続いたので収穫した。
画像

 左の部分のものが猪に襲撃された、300個分のジャガイモです。食べる、大きさのものは4個位しかありません。レッドアンデスは、一つもありません。殆どが10g以下です。300個植付けたから1個当たり3個できると900個にはなっているでしょう(ポリバケツ10L、1杯分です)。来年の種イモにはなるかな。
 右の部分のものは、4月上旬、余った種イモ10g程度の大きさのもの10個を金網の天井のある畑に植え付けていたものです。獣たちの襲撃を受けていません。種イモ10g程度でも、結構な大きさになるものです。15個位は食べる大きさです。皮肉なことに手を掛けなかった方が大きなものが得られた。
 野積みの刈り草を畝の中に埋め込んだり、肥料として、堆肥化落ち葉+油粕+米糠、寒さ対策、芽摘み、花摘みと色々手を施したが、肝心な猪対策が不十分だった。なにせ自然が相手、猪は猪で生きるために必死。昨年、上手くいったからと言って、今年、上手くいくとは限らない。これが面白いのかもしれない。ジャガイモ期待の方には、申し訳ありません




収穫菜(野菜栽培プランター)
ブルーミングスケープ
トマト・きゅうり・ナス・じゃがいもなども! ・お野菜やハーブなどが栽培できる大き目のプランターです。

楽天市場 by 収穫菜(野菜栽培プランター) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


NGK スパークプラグ IXプラグ 1本分 BPR5EIX ヤンマー/YANMAR 収穫機 YIH60H(ジャガイモ)
NGK/エヌジーケー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NGK スパークプラグ IXプラグ 1本分 BPR5EIX ヤンマー/YANMAR 収穫機 YIH60H(ジャガイモ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック