C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から6週間…

 10月に入って、すっかり秋めいてきました。稲刈りは終わり、ウォーキングコースでは、小さな芝栗が沢山落ちています。栗ごはんなどにすると美味しいと知っているのですが、小さい栗は皮むきなどが面倒なので、誰も拾いません。
 さて、C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、9月26日で6週間となった。5週間で、ウイルスが「検出せず」であっても、検出限界以下で100%消滅した訳ではなく、後4ヶ月間以上の治療を続けて、100%死滅を目指すものです。
 先週、「検出せず」を主治医から聞いたとき、天にも昇る気持ちで、先のブログには、診察後、万歳三唱したい気持ちと書いた。こんなに嬉しい気持ちは、今までの人生の中での「喜怒哀楽」の「喜び」の部分で、上位に入るだろう。自分の人生の「喜び」を考えてみた。
 1位「結婚」、2位「長男誕生」、「ウイルスの消滅」は、3位に入るかもしれない。皮膚科の女医の「喜び」の表現が面白かった。その女医は、毎週、私を診察しながら、私の意地悪な質問にも、適当に答え、時には、切り返してくる。元気な患者を少し虐めてやろうという気持ちなのかもしれない。
 その女医は、「ウイルスの消滅」を聞いたとき、「腰に手を当て、スキップして帰るような気分ではなかったですか?」と言った。「スキップして帰る」、万歳三唱よりも的を射た、まさにその通りのピッタリな表現だった。
 このまま、放っておけば、後5~10年の寿命と言われ、消滅には、半信半疑だったし、突然なことだったので、本当に嬉しかった。
 「喜び」の表現に、「スキップして帰る」という言葉は、私には、思いつかない。しかも、腰に手を当ててまで、…。 還暦を超えた者が、腰に手を当て、スキップしている姿を想像するだけで可笑しい。女医の言葉の豊かさに、にわかファンになってしまった。
 6週間が経った今、薬剤の副作用に悩んでいる。それは、一寸した皮膚への刺激(寒さ、刈り草との接触、冷水、温度差など)で、あちこちがピリピリと痒くなり、我慢できず、異常な程に掻きむしってしまうこと。体中が掻きむしった後だらけ。特にインターフェロン注射部分の皮膚の痒みがひどい。
 これから、冬を迎え、寒さなどの刺激を受け易くなる。この治療が4ヶ月以上も続くと思うと憂鬱になってくる。




ウイルス増殖環境消滅
テロソンコーポレーション

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウイルス増殖環境消滅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テロソン ウイルス増殖環境「消滅」ウェットシート
Japan Health Dummy Brand

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テロソン ウイルス増殖環境「消滅」ウェットシート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

スーパーウイルスアタッカー
Grace Kelly ( グレースケリー)
送料無料セットはコチラ商品名 スーパーウイルスアタッカー 内容量 30ml 全成分 アンチウム・ディ

楽天市場 by スーパーウイルスアタッカー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

mura
2012年10月02日 17:35
頑張れ!
こきち
2012年10月02日 19:33
ありがとうございます。
頑張ります。

この記事へのトラックバック