今年も紅あずまを植付けた。

 今日は、30℃越えの真夏日、暑い。7月並みの気温とか。夕方には、ゴロゴロと雷雲が発生した。
 さて、今年も6月2日サツマイモ(紅あずま)のツルを植付けた。
画像
 獣対策には金網の天井がある畑が好ましいが、その畑は少なくタマネギとジャガイモが占拠しているので、植えられない。そこで、休耕田を耕し、獣対策にワイヤー・メッシュ(鉄柵)で囲うことにした。
画像
 (右隣の畝は、トマトを植付けている)
 カラス、猿は柵の上から侵入できるが、サツマイモが大好物の猪だけでも防ぎたい。猪が侵入すると全滅するが、他の獣の食害は小さい。控えとして、タマネギ収穫後、その場所にツルの一部を切り取って、植え付ける予定もある。昨年と違うのは、マルチ・シートを使用したこと。そのメリットは、雑草が生え難いこと、新しい根がマルチ・シート上では、出来難いので、芋の大きさ・数が分散しないこと。休耕田は、4年間、農作物を作ってないので、まるで原野、覚悟していたものの、雑草の根が大きくまた多いのにはビックリ。耕し、雑草を取り除くのに、予定外の多くの時間を費やしてしまった。マルチ・シートは、油木高校のサツマイモ畑で、今年、使用していたので、採用してみた。
 マルチ・シートを使用して、心配なことは、シートの黒色は、太陽熱を吸収し易く、温度が上がって、ツルが枯れやしないか、ということ。2条植えで間隔50cmとし、20本を植え付けた。枯れ対策として、ツルを十分深めに植付け、刈り草を被せ、毎日水を施している。にも拘らず、昨日、今日の好天で葉はほぼ枯れてしまったツルもある。しかし、葉は枯れているように見えても、サツマイモの生命力は強い。地中の茎は、元気で、その力を信じている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック