町内中学校の統合化

 朝夕は、20℃以下になるものの、昼間は、28℃位。昼間は、ここ数日前の気持ち良さに比べ、湿度が高く蒸し暑い。また台風か。
 さて、来年4月、町内の4つの中学校、油木、豊松、神石、三和のうち、三和中学校以外の3校が統合される。校名は、神石高原中学校。今、その中学校が急ピッチで建設されている。
画像
 通学区域が広範囲に及ぶので、生徒が入る寄宿舎も同時に建設中です。テニスコートとゲートボール専用場と管理棟を壊して、そこに校舎と寄宿舎が建てられる。体育館は、シルトピア体育館を、運動場もシルトピア運動場をそのまま使用する。テニスコートの代替は、近くに新設され、ゲートボール専用場の代替は、現在の油木中学校に造られる予定。生徒数は、3学年で100数十名の1学年1クラス。
 現在の生徒数は、油木中で男子28名、女子19名の計47名。豊松中で男子16名、女子19名の計34名。神石中で男子18名、女子12名の計30名。3つの中学校の生徒を合計しても111名。生徒が少なくなったものです。(三和中は、男子59名、女子53名の計112名)。
 私の母校は、40数年前、廃校になり、油木中学校に統合されたが、母校でも1学年1クラス、30名位はいた。それが来年、さらに統合される。統合化することで、経費節減のメリットだけでなく、多くのメリットがある。色々な意味で生徒同士が刺激になり活性化に繋がるでしょう。野球やサッカーのチームが組めるようになることなど、元気になれることが大きい。
 地元の油木高校を卒業すると大学進学や就職で殆どのものが都会に出ていく。大学を卒業しても、戻ってくる若者は、あまりいない。道路が整備され、福山までは、1時間もかからなくなり、時間的に近くなったこともある。若者の流出を止める、何か良い方法がないものだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック