黒大豆の枝豆を食べた。

 昨日は、久し振りの雨。畑にはよい雨だった。今日は、晴れたが、蒸し暑い。
 さて、黒大豆の枝豆です。6月中旬に休耕田を耕し、丹波黑大粒大豆の種をまいた。それから、4ヶ月弱が経過した。その間、猿に、猪に柵の中に数回、侵入されても、カボチャ、サツマイモの方が被害を受けるものの、黒大豆には、目もくれずに被害がなかった。
 しかし、最近、黒大豆の葉を食害されてきた。
画像

画像
 この犯人が何の獣なのだろうか。猿や鳥は、葉を食べないだろう。柵の高さは、90cmなので、猪ではない。侵入したら、まず、カボチャやサツマイモに行く筈。最近、侵入した形跡がない。柵の目の大きさ(10cm角)からは、侵入できるのは、ネズミか、子供のヌートリア。でも上部の葉を食べているので、届かないだろう。柵の高さを越えられる獣は、鹿を見た人がいるので、鹿かもしれない。犯人の特定がまだできてない。
 そういう訳で、さやの実が膨らむのを今か今かと待っていた。そして、やっと収穫して、枝豆として食べることにした。
 収穫したのは、さやの端を切り、200g。枝豆は、単に茹でれば、良いと言うものではない。「ためしてガッテン」によると塩加減と茹でる時間で美味しさが大きく違うという。「…ガッテン」の美味しい食べ方の手順を紹介します。
    枝豆       ‥‥250g(2人分)
    塩         ‥‥ 40g
    水      ‥‥1リットル
 さやの端を切って、茹でる前に塩10g(40gのうち10g)で十分塩もみする。水1リットルを沸かし、残りの塩30gをいれ、塩もみした枝豆を塩と一緒に入れる。3.5分間~5分間茹でる。5分間以上茹でると旨味成分のアミノ酸が流出し易いとか。茹でたら、ザルにあける。水を流さず、うちわで素早く冷やして、出来上がり。ポイントは、塩分とゆで時間。
 収穫した、枝豆は200gなので、塩は32gとし、ゆで時間は5分間とした。塩を秤で正確に計量し、ストップウオッチを持って茹でた。
画像
 ビールは止めているので、ノンアルコールビールを飲みながら、食べた。塩加減、豆の柔らかさも丁度良く、美味しい。黒豆の枝豆は、通常大豆の枝豆よりも2ヵ月以上も遅い。ビールの美味しい、夏の盛りに間に合わないので、ちょっと残念。昔、7月のビアーガーデンで食べた、黒大豆の枝豆は、冷凍だったのでしょうね。知らなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック