サツマイモの収穫

 数日前までの朝夕の5℃以下の寒さに比べ、雲が多いせいか、比較的暖かった。
 さて、9月下旬にサツマイモ畑が猪に襲撃され、ほぼ全滅した。畑の周りをワイヤー・メッシュ(鉄柵)で囲い、鉄柵の裾を鉄パイプと針金で括り付けていたので、襲われることはなく、完璧と思っていた。また、6月上旬に植付けた、紅あずまのツルは、10本。ツルが長く生長すると、ツルを切っては植え、切っては植え、40本にもなった。追加の30本も、元の10本のツルの生育に比べると、見劣りするが、順調に生育していた。少なくとも、9月中旬までは…。
 しかし、鉄柵と鉄パイプが一ヶ所だけ針金で括り付けてなかった。そこを探り当てるのも凄いが、そこから鉄柵をへし曲げ、侵入されてしまい、ほぼ全滅した。でも、数株だけ、食べ残しがあった。それをそのまま育て、1ヶ月が経過した。最近の寒さで、葉が色付いてきたので、もう、芋は、もう、これ以上肥大しないだろうと収穫した。
画像
 今年の収穫は、これだけです。ツルが40本もありながら、これだけです。早速みそ汁にして食べてみた。サツマイモの味だ。甘い。
 来年こそは、猪の食糧を作っているのではないことを、証明してみよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mura
2014年10月22日 19:13
今までの努力に慰めの言葉もないのです。
来年は出し抜いて豊作になりますように・・・
お疲れ様でした。
こきち
2014年10月22日 21:49
コメントありがとうございます。
収穫量は、プランターで作ったサツマイモと同じようなものですね。
芋ツルの生育を見ていると、温暖な地方に適し、寒冷地には適さない作物のようです。この辺は、準寒冷地なので、不利ですね。でも、来年は、焼き芋に丁度良い、大き過ぎず、小さ過ぎない、芋を作りたいと思います。

この記事へのトラックバック