根切り虫

 今朝の油木は、雪です。寒いです。
画像
 昨日、冬タイヤに交換した。雪は、2日、3日の朝にも降った。3日の午後、軽トラの冬タイヤを買いに行った。店員さんは、朝から客が雪崩のようにやって来たとか。私は、雪崩の最後の方…。
 さて、タマネギ苗を定植してからほぼ1ヶ月になる。寒さ対策兼肥料として、牛糞入り堆肥を施した。新しい葉も生えてきて、順調に生育している。しかし、今年も、苗を根切り虫(ネキリムシ)に食べられている。元気のない苗を引っ張ってみるとスポッと抜けてしまう。根がない。苗の根元や茎を食べられているものもある。
画像
 でも、茎切り虫とは言わない。被害は、苗800本中、10本にも及ぶ。数年前には、むきになって、犯人捜しをし、米ぬかトラップを仕掛けて駆除もした。今は、前ほどの熱心さはない。でも、食害を見つけるとその苗の周りの苗も被害に遭う。被害苗の近くの土の中に居るので、掘って、見つけたら、憎しみを込めて、捻り潰す。
 根切り虫は、夜盗虫(ヨトウムシ)類のカブラヤガ、タマナヤガなどの野蛾(ヤガ)の幼虫で、根を切られたように見えるため、根切虫と呼ばれる。孵化直後は、葉を食害し、大きくなると昼間には土中に隠れ、夜間に食害する。
 駆除の方法は、農薬が効率良いが、無農薬の方針なので、使いたくない。米ぬかトラップの他に夜間に食害するので、夜間パトロール。爪楊枝を根の周りに突き刺す方法は、面白い。爪楊枝を根だと思って、一生懸命切るそうな。無農薬を実践している方は、食害を見込んで多く定植している。この余裕が羨ましい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mura
2014年12月06日 09:03
ホント!憎き根きり虫。我が家のベランダの鉢にも沢山いた。夏場に鉢の上にアルミを置いたり新聞紙を広げたりしたが今はあきらめの境地。
農作物と趣味の園芸では対策も違うよね?
地上地中とハンターが多いね。頑張って!
こきち
2014年12月06日 16:06
ありがとうございます。被害に遭わないと判らないので、質が悪いですね。またほっそりと痩せているとそうでもないですが、大抵丸丸太っている。余計に憎しみを込めたくなりますね。

この記事へのトラックバック