落ち葉集め(1)

 今日は、曇り空のようだ。明日の天気は、雨の予報。
 さて、この1月中旬になって、好天が続き、落ち葉を集めている。12月~1月上旬は、雨と雪の日が多く、雪はなかなか溶けなかった。濡れ落ち葉は重いので、好天が続き、落ち葉が乾燥する日を待っていた。やっと、ここ数日の好天で、集める気になってきた。落ち葉集めのグッズです。
画像
 タイコン、カゴ、籐み、熊手、長靴。熊手は、落ち葉が突き刺さり難い点から、金属製よりも竹製が好ましい。また籐みは、石の混入が判り易いこと、安価なことからプラスチック製が好ましい。容器に落ち葉を踏み込み時、落ち葉が靴の中に入らないことから長靴が好ましい。左のタイコンは、持ち上げることは出来ないが、引き摺ることが出来るので、100kg位と推定。右のカゴは、30kg程度。1回に130kg。
画像
 ベニヤ板(縦1.8m×横0.9m)の枠の中に1回分を投入すると高さ30cm位になる。
画像
 しかし、踏み込むと3分の1以下になる。各8回分で1t以上を集めたい。米ぬか100kg、微生物が居そうな、落ち葉の下の土100kgを準備したい。
画像
 1~2回分毎に米ぬか、落ち葉の下の土および水を散布して、数層の積層体にする予定です。化学肥料を使わないで野菜を作る方針では、有機肥料としての落ち葉は、必須である。
 落ち葉が窒素含有肥料として優れているというよりも、畑に施すことで、畑がフカフカになり、農作物の根が広く、深く張り易いので、出来が良くなるのではないかと思うようになった。
 雨・雪が降る前のピンポイントチャンス。頑張って集めよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック