落ち葉の堆肥化

 昨日、今日の朝は、雪景色です。
画像
 昼には、道路の雪は、溶けるが寒いです。
 さて、1月24日に落ち葉集め(約1トン)を終了し、踏み込んで米ぬか、落ち葉の下の土、1昨年の未堆肥化落ち葉を交互に構成した4層積層体を作成した。そして、1週間が経過した。微生物が活性化しているかどうか、温度計を落ち葉の積層体の差し込み、温度をチェックした。
 ポリフィルムを捲ってみると、クモの巣が張ったようにカビてきている。
画像
 好ましい状態でしょうか。温度計も、14℃を示している。
画像
 外気温は、2℃なので、堆肥化がやや進行し始めた状態でしょうか。昨年の4月上旬では、60℃近くを示していた。外気温の上昇と共に分解が進行するでしょう。そして、落ち葉を掻き混ぜることで、微生物に空気(酸素)の供給で分解を促進する。また、米ぬかと水を施すことで、さらに分解が促進する。温度をチェックしながら、定期的に掻き混ぜを行う予定です。
 掻き混ぜ用米ぬかを集めるために無人精米機を巡って集めているが、なかなか集められない。やっと20kg位集まったでしょうか。
画像
 100kg位欲しい。この時期、大根や白菜漬けに、いや落ち葉の堆肥化に使うために、持って帰るのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

安芸中野
2015年02月03日 03:54
なるほど、米ぬか、すこいですねえ!!
こきち
2015年02月03日 09:05
微生物は、米ぬかが大好きなようです。落ち葉の堆肥化には、米ぬかは必須ですね。百菜館、安田・消防支所の隣の無人精米機を中心に集めています。三和、東城でも覗いてみます。車には、ポリ袋を常備しています。

この記事へのトラックバック