東城3本桜

 今日は、予報通り、気持ちの良い青空。元気になる。
 さて、後輩、M君が温泉に行こうと誘ってくれた。今年、1月に行った、庄原「かんぽの郷」さくら温泉以来です。メンバーは、「かんぽの郷」と同じメンバー、M君、M君のお母さん、ご近所のSさんです。今回の目的は、温泉と言うよりも、桜見物。お隣の庄原市東城町に、3本桜を見に行った。桜はもう散っていると思ったが、なかなかのものだった。3本桜とは、千鳥別尺(チドリベツシャク)の山桜(樹高27m、根周り6.7m)、小奴可(オヌカ)の要害桜(ヨウガイザクラ、樹高17m、根周り6.55m)、森湯谷(モリユダニ)のエドヒガン(樹高32m、根周り6m)を言い、3本とも広島県の天然記念物となっている。樹齢400年以上の桜が3本も、5km内にあるのは、珍しい。東城3本桜キャンペーン実行委員会作成のパンフレットの見学順に従って、
 まず、「千鳥別尺の山桜」
画像
 この桜が良かった。今、正に満開で絶好の見頃。見物客が多かった。高級そうなカメラを持った、カメラマン達は、田んぼに写った逆さ桜を撮る、ポイントに10数名が群がっていた。ある者は、三脚を構え、波が収まるのをジッと待っていた。通りすがりにカシャッと一枚。
画像
 次に「小奴可の要害桜」
画像
 桜は散っていた。1週間前は満開だったとか。
 そして、「森湯谷のエドヒガン」
画像
 この桜も、散っていた。ここも見物客は、ゼロ。
 温泉は、「小奴可の要害桜」の近く、道後山高原「スズランの湯」。
画像
 湯がぬるかった。体温より少し暖かい程度。お湯から出ると寒いので、やがて温度は上がるだろうとお湯の中で待っていたが、一向に温度が上がらない。皮膚がふやけてきた。気が付けば、30分も入っていた。後で聞くと、ボイラーの故障だったとか(なんという日だ!)。
 昼食は、「スズランの湯」のレストラン。名前に引かれ、ヒバゴン丼を注文。
画像
 1970年代に、旧広島県比婆郡西城町・旧比婆郡比和町・庄原市の中国山地にある比婆山辺りにおいて類人猿らしいものが目撃された。その類人猿をヒバゴンと言っていた。その名前を頂いているようだ。具として、山芋のすりおろし、山菜(わらび)、ネギ、鶏肉のそぼろ、海苔のきざみ、ワサビ。この上に徳利に入った、つゆを掛けて食べる。これらの具の組み合わせは、初めて。それらを豪快に混ぜてスプーンで食べる。山芋のとろみ、鶏肉の味付け、時々香るワサビがポイントかな。800円成り。
 早春を堪能した1日でした。ありがとうございました。




赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS)
主婦の友社
久保田 競

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブルーイッシュ 1 (プリンセスコミックス)
秋田書店
梅田 阿比

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブルーイッシュ 1 (プリンセスコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

7201812
2015年04月27日 04:07
すごいですねえ
桜、大きさがすごい、
でかい、
そんな桜があるとは、
道後山の温泉てのは本当の温泉なんですか?
天然温泉?
こきち
2015年04月27日 08:58
 3本桜は、東城の「道の駅」にパンフレットが置いてあります。今年は、兎も角、来年見物に行かれては如何でしょうか。但し、道幅が狭いので、注意して下さい。
 温泉の定義は、
 1.源泉温度が25℃以上であること。
 2.「リチウムイオン」「水素イオン」「沃素イオン」「フッ素イオン」「重炭酸ソーダ」など19の特定成分が1つ以上規定値に達していること。
 つまり、源泉温度が25℃以上あるか、冷たくとも19の特定成分が1つでも規定値に達していれば、「温泉」と名のれるようです。
 すずらんの湯は、源泉温度15℃程度ですが、ラドン成分が規定値以上の達しているようです。
 ところで、ニックネームの7201812は、油木の郵便番号です。油木に関係ある方ですか?
m君
2015年04月27日 16:08
素晴らしい。
こきち
2015年04月27日 18:38
 初コメント、ありがとうございます。励みになります。
 次回も、よろしくお願いします。
 

この記事へのトラックバック