また…ショック

 大阪での顔合わせからGW明けに神石高原町に帰ってきた。すると、ショックなことが起きていました。ジャガイモが猪に襲われていたのです。
画像
 トンネル栽培で促成したジャガイモも、自前のレッドアンデスも、購入した男爵もほぼ全滅です。芽が出てからまだ1ヶ月半程度。まだ満足できるような大きさにはなっていない。猿軍団に襲われるのは仕方ないが、猪に襲われることは絶対ないと高を括っていた。
 猪が侵入するには、2つの障害を乗り越えなければいけない。先ず、高さ90cm鉄柵、鉄柵を乗り越えても、畑に辿り着くと、畑もまた鉄柵に囲われている。度々の侵入の対策で、鉄柵の裾に鉄パイプを括り付けている。
 それでも襲われた。侵入経路を検証してみると、上部が内側に曲がっているので、この鉄柵をジャンプして乗り越えたようだ。
画像
 柵の上に引っかかっている。そして、畑の鉄柵では、鉄柵の内側に鉄パイプを設置しているが、鉄柵1枚分のみ、金網の出っ張りで、鉄パイプの内側に鉄柵を設置していた。また括り付けを針金ではなく、電気用コードで括り付けていた。これが良くなかった。針金と違い、押し続けると結び目が緩んでくる。しかも、括り付けた間隔が少し広かった。この部分を狙われた。
画像
 鉄柵の下部分を鼻で押してへし曲げて、侵入している。手で曲げても曲がらない。相当な力のようだ。
 それにしても、90cmの高さをジャンプするとは…。猪対策は、完璧と思っていただけにショックは大きい。
 ところが、ショックなことばかりではありません。嬉しいことがあったのです。次回の更新で紹介する予定です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック