宮島(3)

 宮島の続きです。厳島神社。ご存じ、世界遺産。平清盛が平家一門の守護神として、造営した。観光客が多い。
画像
 大鳥居。大鳥居は、高さ16.6m、長さ24.2m、柱周9.9m、柱は楠とか。楠は、腐り難く、虫に強い。また比重が重いことで、自重で立っているとか。大潮で水位が最も高くて美しい時とか。手漕ぎ舟が出ている。
画像
 前日の大雨が止み、天候にも恵まれ、義弟に、思わぬ、宮島を案内して貰った。ありがとうございました。 
 さて、不愉快な店があった。その店のことをブログに載せるかどうか、義弟と相談した結果、その店に反省して頂き、改善を求めるためにも、載せることに決めました。
 その店は、宮島の散歩道に、「天皇陛下御展望の地…素晴らしい眺めです…H茶屋」の看板があった。絶景を楽しめるなら、と足を向けた。散歩道から続いているように見える階段を案内に従って、上がると「ここからは店内(実際は、屋外)です。」の注意書き。高台に昇り、眼下の大鳥居方面に目をやると、いきなり、店員にテーブルに着くよう勧められ、「飲み物は?」と尋ねられた。「要らない」と断ると、注文しないものは、ここから早く出て行けと、ばかり。それを無視して、カメラを構え、カシャ…。その途端、「ここは店内、撮影禁止」と連呼。他の客にもこんな調子。注文した客には、撮影OK、注文しない客には、NGらしい。各地の観光地に行ったが、美術館なら兎も角、屋外で撮影禁止なのは、初めてのことでビックリ。撮影禁止だったら、ロープを張って、進入禁止にし、立札を立てて置けよ。散歩道から続いているように見せかけて、店に誘導するとは、あこぎな店だ。早々にその店を後にした。このことを思い出すと、久し振りの楽しい筈の宮島の観光が、段々と不愉快になってきた。
 その景色が次の写真です。
画像
 不愉快に感じたのは、私だけではなかった。帰宅後、ネットで、H茶屋の名前でブログを調べると、7年も前から、書き込みがあった。書かれた内容を要約すると、このお店からの景色は、素晴らしいが、接客が悪い。また接客のクレームが多く、宮島の他の店にも迷惑がかかっているとか。
 このような店は、料理の味も悪い筈、料理の味はどうか、「食べログ」を調べた。案の定、4名の書き込みがあった。評価は、5段階中3.0、1.7、1.0、1.7。何れの評価も普通以下。特に評価1の方は、雰囲気の評価は、2だが、料理・味、サービス、コストパフォーマンスの評価は、何れも1の極評だ。まるで、キャッチセールスのようなと。このような食べログの評価を見たことがない。7年も前から、未だに、そういう商売をしているということだ。 神様がおられるという厳島神社の裏で営業し、天皇陛下を商売道具に使われていることで、他の店にも迷惑が掛かっているのだろう。折角の絶景が心ない接客で台無しだ。世界遺産、宮島には、沢山の外国人がやってくる。このような接客では、世界遺産の地としては、恥ずかしい。改善されることを願う。




AKB49〜恋愛禁止条例〜(27) [ 宮島礼吏 ]
楽天ブックス
少年マガジンKC 宮島礼吏 元麻布ファクトリー 講談社発行年月:2015年11月17日 予約締切日:

楽天市場 by AKB49〜恋愛禁止条例〜(27) [ 宮島礼吏 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック