枝豆の植付け

 今日の気温は、20℃近く、少し動くと汗が滲む。
 さて、枝豆の植付けです。3月下旬に、ポットに種をまき、ポリフィルムで覆って(トンネル栽培)、1週間で芽が生えてきた。さらに1週間が経過して、ポットの底から、根が長く伸びて来たので、牛糞入り堆肥を施し、芽が生えてきたもの約40本を植付けた。
画像
 昨年、TVで枝豆を沢山、収穫する方法を紹介していた。
 まず、①芽が出て来た、双葉の上で芽の先端を切る。双葉の上で切って暫くすると、切った葉の上から2本、脇芽が出て来る。枝が2本になるので、収穫量も2倍になる。
 そして、②芽が出て来た苗を掘り上げて根を切る。根を切ると一瞬、萎れたようになるが、新しい根が倍以上出てきて、水や栄養分の吸収も良くなり、ガッシリとした苗に育ち、収穫量が2倍以上になる。
 さらに、③2株ずつを栽培する。2株にすることで、根粒菌も繁殖しやすく、多く収穫が期待でき、互いに支柱代わりとなって、風や実の重みで倒れることを防ぐことが出来る。上記①~③収穫量up方法を試してみた。
 その結果、上記①と②だけでも、収穫量は、4倍以上になる筈だったが、例年並みの収穫だった。その原因は、草木の丈が小さく、肥料が足らなかったからと判断した。
 今年は、昨年の反省を踏まえ、元肥として、牛糞入りの堆肥を施した。そして、収穫量up方法を再チャレンジする予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック