落花生の芽が生えてきた。

 北原白秋によると、5月は、春と夏との二声楽(デュエット)とか。気象的には、5月の春の気温と夏の陽射しのデュエットが、積乱雲を発生させ、氷雨となり、ヒョウを降らせるとか。
 さて、落花生の種を5月5日にまいた。種は、昨年できた、自前の種です。落花生を育てるのは、今年で3年目。1年目は、芽が生えて来ないうちに、ネズミ、アリに食害された。また、腐ったりもした。2年目は、ポットに種をまき、早く芽を出させるために、ポリフィルムを被せた。温室の中で芽が生え、順調に生育したものの、猪の襲撃を受けて、苗を食べられた。また種1袋を買って、作業小屋の中で芽を生えさせ、植付けた。そして、昨年の収穫では、予想以上の収穫だった。
 今年は、過去2年間の経験を踏まえ、鉄柵の中で、ポットに大きな種35粒をまき、地温を高くするために、ポリフィルムを2重に被せた。2週間が経ってやっと芽が出て来た。
画像
 芽が生えてきたものから、順に畑に植付けた。2粒が腐っていた。芽が生えてきた、33本を育てることになる。ネズミ対策として、芽が大きくなるまでは、1.5LのPETボトルを半分にした、キャップを被せる予定です。
 昨年、収穫した落花生を殻から外し、フライパンで約10分、弱火で丁寧に炒って置き、バターを熱したフライパンに入れ、ブクブクと泡が出てきたら。炒って置いた、落花生を投入し、手早く絡めながら、軽く落花生を炒め、塩を振って完成させた、塩バターピーナツは、絶妙だった。今年も試してみよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック