酢タマネギ

 今日は、晴れ。太陽が眩しいが、気持ちが良い。
 さて、この5月下旬に入って、夏日から真夏日の気温で、タマネギが倒れ始めた。と言っても、今年、1月30日に猿軍団の襲撃で800本以上の苗がほぼ全滅したとブログに記載した。猿が引き抜き、苗の玉の部分を殆んど食べていた。玉の部分を食べられていない苗を掻き集め、再び植付けていた。200本位はあっただろうか。その苗が生育し、倒れ始めたのだ。引き抜かれ、根が切られているので、玉の大きさは、小さい。倒れ始めたのは、強風でも、雨が降って頭が重くなって、倒れたのではない。タマネギは、玉の生育に伴って、首の部分、葉鞘(ようしょう)の中空を生じる。気温が25℃を超え始めると、花芽の準備が始まる。さらに気温が30℃超え始めると、花芽とならない葉は、薄い中空部分が弱点となって、晴れの日でも風などのチョットした刺激で倒れること、倒れても葉が緑のうちは、玉が僅かだが大きくなることを学んだ。葉が枯れるまで放って置こう。
 その中で、比較的大きな赤タマネギ4個を収穫してみた。ブログ写真用に薄皮を剥いて、洗って、磨いてと…
画像
 80~150gと小さい。スライスして、カツオ節と昆布出汁、三杯酢で食べた。新タマネギは、目に沁み、味わい深い。猿軍団に襲撃され、数少なくなった、タマネギだから、特に…。
 ところで、TVで簡単レシピ、酢タマネギを紹介していた。
 酢には、疲労回復効果。タマネギにも、動脈硬化や高血圧の予防、食欲増進、不眠の解消、便秘の解消、コレステロール・中性脂肪の減少の効果があるとか。
 <酢タマネギの材料>
  ・タマネギ…中1個(約200g)
  ・酢…大さじ5杯
  ・塩…少々
  ・ハチミツ…大さじ2杯(お好み)
 <酢タマネギの作り方>
 ①タマネギを軽く水洗いし、皮を剥く。
 ②皮を剥いたタマネギを薄くスライスし、15分以上そのまま置いておく。水にはさらさない。
 ③保存容器に、スライスした、タマネギと酢を入れ、さらにハチミツも入れる。
 ④冷蔵庫に1晩入れておけば出来上がり。
 2~3日ほど寝かすと食べごろになるとか。スライスし、混ぜるだけで簡単。試している。
画像
 赤タマネギの酢タマネギは、ピンク色できれいだ。味もまずまず、ハチミツがワンポイントになっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック