斐乃上(ヒノカミ)温泉

 最近は、1日置きにまとまった雨が降っている。今朝は、晴れ間が覗いているが、明日は、また雨の予報。
 さて、久し振りに温泉に行った。場所は、島根県仁多郡奥出雲町、奥出雲美肌温泉郷の中にある、斐乃上温泉「斐乃上荘」。
画像
 メンバーは、M君、M君のお母さんと私の3人。Sさんは、お孫さんのお迎えで欠席。
入浴料は、自動販売機で購入し500円。車で、2時間弱で行ける。東城から国道314号線で西城→備後落合→奥出雲おろちループ→奥出雲舞茸直売所(延命水場)→斐乃上温泉。
 奥出雲町の観光マップ
画像
 おろちループ大橋の一つである、三井野大橋
画像
 出雲神話で「スサノオノミコト」が高天原から降臨されたとされる、船通山。その麓に湧き出る斐乃上温泉は、古くから奥出雲の秘湯と言われ、愛され・親しまれてきた温泉である。また「日本三大美肌の湯」の一つでもある。他の「日本三大美肌の湯」は、佐賀・嬉野温泉、栃木・喜連川温泉とか。泉質は、アルカリ性単純温泉である。この辺の温泉は、湯の川温泉の「日本3美人の湯」とか、玉造温泉の「日本で最初の美肌温泉&日本一の美肌温泉」のように、美人の湯、美肌の湯を歌い文句にする温泉がある。ヌルヌルのお湯で、肌もスベスベになると温泉に入った気分になる。大きな窓から奥出雲の自然を眺めながら、ユッタリと浸かって、スッキリした。
 昼ご飯は、トンカツ定食(出雲そば付き)1,280円。すり鉢で擦ったゴマのタレが美味しかった。トンカツは、ぶ厚く食べ応えあった。M君は、例によって、生ビール2杯。帰りは、私が運転。また上手く利用されてしまった。「美肌の湯」に浸かって、美肌美男になったかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック