トウモロコシが大変!

 梅雨が明けてから、雨が降らない。農作物のためには、雨が欲しい。
 さて、トウモロコシのことです。毎年、猿軍団に襲われながらも、今年も懲りずに、5月中旬、ピーターコーン品種を2粒毎30ヶ所(2条植え、30cm間隔)にまいた。2週間位で芽が生えて、苗の大きい方を残し、30本を育てた。本葉5~6枚の時と雌花が咲き始める時に牛糞入り堆肥をそれぞれ追肥した。また、猿軍団の対策として、金網は、しっかりと補修もした。それから順調に生育し、後、1、2週間もすれば、収穫出来ると思っていた。
 しかし、何者かが食害している。猿軍団ではない。30本中、5、6本は食べられている。
画像

画像
 トウモロコシを育てて、7年目。初めてのことです。何者だろうか。金網の中で育てているので、金網目の大きさ以下の小動物。ネズミしかいない。ネズミ取り粘着シートをセットした。効果がなければ、今年は、食べられないかもしれない。
 猿軍団と猪の他にも、予想もしてなかった、食害する獣がいるものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mura
2016年07月30日 17:03
犯人は誰(何)だろう?美味しい物は次々と隙あらば…と狙われているのですね。それも食べ頃を心得ている。残念です。さぞかし美味しかったでしょう…元気を出して次に挑戦してとしか言えません。お慰めいたします。
こきち
2016年07月30日 20:30
コメント、ありがとうございます。採り立ての新鮮なうちに加熱したトウモロコシの美味しさは、堪らない。本当に食べ頃を良く知っているものです。またあそこへ行くと美味しいものが食べることができると、記憶力にも優れているようです。ネズミ取り粘着シート14枚をセットしましたが、捕獲にはまだ至っていません。ヒゲの色を見ながら、早目に収穫したいと思います。

この記事へのトラックバック