蕎麦はまだ花でもてなす山路かな(芭蕉)

 今朝は、涼しいと言うよりも、寒かった。14℃とか。半袖では寒い筈だ。
 さて、(株)レインボーファームの蕎麦畑に白い花が咲いた。
画像
 種をまいて、1週間で芽が生え、1ヶ月で30cm以上に生育し、花が咲いた。草丈は、2週間で倍以上になった。雨が降らなくても生育するのが凄い。ミツバチが入巣していれば、受粉に協力できるが、入巣してない今年は、それが出来ない。蕎麦の花から採れたハチミツは、クセがあって、香りがきついが、鉄分やミネラルが多く、咳止めになり、喉に良いとか。そして、受粉して、後1ヶ月もすれば、収穫できる。種をまいてから、3ヶ月で収穫でき、米は、5~6ヵ月が掛かるのに対し、生育期間が短い。
 また、蕎麦は、「五色」の色彩で、花は白、茎は赤、葉は緑、根は黄、実は黒である、珍しい植物でもある。青が揃えば、五輪の旗色になる(白は、下地の色)。
 さらに、蕎麦の花には、何か人を魅了する可憐さがあり、詩情を誘うようでもある。蕎麦の花を詠んだ句を挙げると、
    三日月の地は朧(おぼろ)なり蕎麦の花 (芭蕉)
    道のべや手よりこぼれて蕎麦の花 (蕪村)
    故郷や酒はあしくも蕎麦の花   (蕪村)
    山畑や蕎麦の白さもぞっとする  (一茶)

 白い可愛らしい蕎麦の花に私も一句と思ったが、夏井いつき先生に「才能なし」とボロカスに言われそうで詠めない。






ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by  の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック