施設の忘年会

 昨日は雨。今日は、一転晴れたが、最高気温は、12℃止まり。段々と寒くなるそう。
 さて、毎年、恒例の「家族会忘年会」で施設に出かけた。家族会の総会、昼ご飯、
画像
 家族会の忘年会。&クリスマス会と言いたいところですが、いつの間にか、クリスマス会の言葉は消えている。今年の出し物は、「みのり民謡会」の皆さんの生演奏(三味線、尺八、太鼓)での民謡。
画像
 「みのり民謡会」は、庄原市東城町、神石高原町神石を中心に活動されておられるとか。出し物は、毎年、異なったものをお願いしている。昨年は、「豊松太鼓保存会」の皆さんの太鼓と龍の舞い。一昨年は、「ロマン神石」の皆さんの歌と日本舞踊。3年前は、比婆荒神神楽保存会の「神楽」。4年前は、神石高原町・豊松地区の「ザ・どんぐり」隊。
 「みのり民謡会」は、年配の方が多く、歌い手の方々は、歌が上手い、小節が効いた、のど自慢の方々でした。三味線と尺八の楽譜を見ての演奏では、楽譜がよく見えるものだと感心しました。ただ残念なことは、東北地方の民謡が多く、よく知られた民謡を歌われてなく、今一盛り上がりに欠けたこと。一昨年の可愛らしい6歳と4歳の女の子の日本舞踊には、適わない。
 施設の職員さんたちの出し物は、2組の2人羽織。お化粧した後、ケーキを食べる。
画像
 アイシャドー、ファンデーション、頬紅、口紅を塗って、ケーキをスプーンに載せて食べる。上手に出来ては、面白くない。面白く見せるには、オーバーアクションなどのコツが要りそう。
 そして、「家族会忘年会」「歓迎 みのり民謡会様」の看板のことです。
画像
 この看板は、実行委員長である、職員Tさんの奥さんと娘さんと一緒に作製したものとか。家族が不仲であると一緒に看板を作製することは難しい。家族が一緒に作製することは、家族が仲の良い証拠でもある。また、日頃の応対される態度や話し振りからも人間性が伺われる。全国では、施設での職員による利用者への暴力などが問題となっている中、リーダーである、職員Tさんがおられる、施設には、家族を安心して任せられる。
 入所者の皆さんは、家族会忘年会を楽しまれたのではないでしょうか。
 ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック