タマネギの生育状況(追肥)

 一昨日までの雪が舞う、寒さから一転、昨日、今日と春の陽気です。
 さて、タマネギの生育状況です。昨年11月上旬、黄タマネギ605本、赤タマネギ58本、自前の苗約100本、株分け苗40本の計約800本を定植し、4ヶ月が経過した。
 途中、元肥として、鶏糞を施し過ぎたため、根腐れで小さな苗30本位がダメになった。昨年は、猿軍団に襲われ、殆ど食害されてしまったが、今年は、数本が根切り虫に食害されたものの、猿軍団には未だ襲われず、逞しく生長し、葉の緑が濃くなってきた。
画像

画像
 ところで、1昨年、昨年と100~300gの小玉しかできなかった。小玉の方が、使い勝手が良いと負け惜しみを言い、苗のせいにしていたが、そのせいだけでもないと思い、調べた。
 その結果、11月~7月までの長期間の栽培が必要であるため、元肥としての堆肥化落葉と牛糞入り堆肥だけでは、肥料が不十分であること、鱗葉(りんよう)ができ、肥大が始まる時期に、特に追肥が必要であることが判った。
せめて、1ランク上の300~400gのものが欲しい。今年は、元肥として、堆肥化落葉と鶏糞を施した。さらに、鱗葉ができる時期、この3月に、一本毎、根元を耕し、化成肥料(N:P:K=7:10:8)数粒を施すことにした。
画像
 昨年の苗は、生育時期の9月、雨が多かったため、苗の生育が悪く、苗が不揃いだった。苗が不揃いだと、生育に違いが出来る。小さな苗には、化成肥料をひいき目に与えた。
 もうこれ以上、追肥はしません。後は、猿軍団に襲われないよう、手を合わせ、待つのみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック