ジャガイモの芽が…

 今日は、曇り空。昼から晴れるだろうか。気温も20℃届かない?
 さて、ジャガイモの芽が出てきた。芽が生えて来たのとは、意味が違う。芽が地上に出てきたのです。
画像
 遅霜対策として、通常の植付け(深さ5cm)よりも、深く20cmに植付けので、地上に芽が出てくるまで、時間が掛るため、遅霜に遭い難い。地上に芽が出てきてからは、一気に生育し、通常の植付けと遜色ないように生長することを確認している。
 植付けた日は、3月21日。今日で、丁度1ヶ月が経過した。地上に芽が出てきたのは、①野積み刈草への植付け、②通常の植付け、③ポリフィルムの中への植付けのうち、③の植付けのみである(生え揃ってないが、掘ってみると土の中で芽は長く生えていた)。やはり、保温の効果か。一方の①、②の植付けでは、一向に芽が出てこない。芽が出てこないと不安にもなるが、大丈夫。後2週間もすれば、地上に芽が出てくる筈です。
 種イモは、男爵、レッドアンデス約130個を植付けたので、7月下旬の収穫では、250個以上出来る。とても食べきれません。ご希望の方がおられたら、差し上げますので、お越し下さい。猪に襲われなければ、の話ですが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック