ジャガイモの収穫

 今日、梅雨が明けた。平年より2日早く、去年よりは10日早い梅雨明けとか。
 さて、ジャガイモの収穫です。やっと収穫した。ジャガイモは、雨の日など水分がある状態で収穫すると、腐り易いので、晴れの日が少なくとも3日間続いた後に収穫するのが好ましいとされている。実際、栽培を始めた1年目、雨の日に収穫し、しかも丁寧に水で土を洗い落として、陰干ししていたところ、2、3日後、全て腐った経験があるので、ジッと晴れの日が続くのを待っていた。しかし、収穫した後、乾燥させれば、良いのではと思い、シビレを切らし、晴れの日が2日目で収穫した。種イモは、130個以上の男爵と20個レッドアンデスです。今年の4月~6月は、天候に恵まれ、猪がやってきているものの、襲われることもなく、順調に生育した。7月上旬、葉・茎は、倒れ、やがて枯れてきた。そして収穫です。
画像

画像

画像

画像

 全体的にでかい。料理で使うジャガイモは、1個の重さは、小が160g以下、中が160~220g、大が220g以上をいうらしいが、中以上が200個以上収穫できた。100g以下も沢山(写真省略)。数日経っても、腐ることはなかった。MAX重量が450gのものもある。
画像
 初めて見る大きさです。食べずに暫く飾っておこう。肥料の鶏糞と春先に芽を1~2本に芽摘みした効果かな。今年、通常5cmの深さに植付けるところ、遅霜対策として、20cmの深さに植付けた。大きなジャガイモを作ること、遅霜対策には、効果があったかもしれないが、掘るのが大変、畑が乾き難いなどの問題があった。反省。そこまで考えてなかった。
 ナス、トマトは、芽が生えた葉の形を見れば、なんとなく同じ仲間と判るが、ジャガイモの実は、トマトに似ているが、同じ仲間とは、未だに信じられない。種じゃない、イモだから…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック