縮景園の池は、同居状態

 今日、縮景園の標準木の桜(ソメイヨシノ)の開花発表があった。昨年よりも5日早い。3月末から4月の始めが見頃とか。
 さて、縮景園にタヌキを見に行った。65歳以上は、証明書を提示すれば、無料で入園できる。昨年、丸々太ったタヌキがいて、ビックリしブログで紹介した。
画像
 今年、京橋川の土手沿いの昨年いた場所を中心に探したが見つからなかった。茅葺き小屋の屋根の修繕を行っており、その影響かと思った。守衛さんに尋ねると、昨年いたタヌキは、いなくなり、替わりに別のタヌキが住み着いているとか。
 タヌキを見ることが出来ず、残念だったが、鯉の餌(100円)を買って、鯉に餌をやって楽しんだ。鯉の他に色々な魚がいることに気付いた。縮景園の池は、鯉の他、海の魚のボラ、チヌなどの魚がおり、汽水池であることが判った。湧き水の真水に、潮の満ち引きで、京橋川から海水が入ってくるとか。池の中で鯉との同居は珍しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック