ジャガイモの植付け

 全国の各地から次々に開花が発表されている。この辺の桜はまだまだ。
 さて、今年もジャガイモを植付けた。この辺では、例年、3月下旬~4月上旬に植付けられる。心配なことは、遅霜に遭うこと。葉が真っ黒になる。再び芽が生えなくもないが、相当のダメージを受ける。遅霜が降りなくなるのが4月中旬とされている。植付けてから芽が生えるまで約3週間掛かるので、逆算するとその時期となる。
 遅霜があるなら、遅く植付ければ、良いというものではない。ジャガイモの生育適温は、15℃~30℃、イモ形成は、17℃。30℃を超えるとイモが肥大しなくなる。30℃と言えば、5月で既に30℃を超える日が続く場合がある。遅く植付けると小さなものしか出来ないのです。従って、出来るだけ早く発芽・生育させて、イモを形成する期間を長く取ることが必要なのです。夏期、30℃を超え難い北海道などがジャガイモの栽培に適しているのが判る。中途半端な気候のこの辺では、遅霜があるかないかのギリギリに芽を生えさせ、場合によっては、覆土、ワラなどの遅霜対策を施すのです。
 遅霜対策として、野積みの刈草の下に植付ける方法が気に入っている。この方法は、芽が生えるまで1ヶ月以上掛かるが、雑草対策にもなり、大きなジャガイモを得られ易いので、一部採用している。この方法で自前の種イモ、男爵30数個を植付けた。
画像

画像
 芽が生えてくる4月下旬からの生育が楽しみです。
 また、自前の種イモ、レッドアンデス10数個を植付けた。
画像
 通常の種イモの植付けは、購入品を植付ける予定です。






北海道富良野産 希少なジャガイモ レッドムーン 5kg【送料無料】 【あす楽対応_北海道】【あす楽対応_関東】 【10P03Dec16】
スイートベジタブルファクトリー
定休日:土日祝日   ご注文時に以下の内容を必ずご確認ください ※正午までにご注文いただくと、北海道

楽天市場 by 北海道富良野産 希少なジャガイモ レッドムーン 5kg【送料無料】 【あす楽対応_北海道】【あす楽対応_関東】 【10P03Dec16】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック