5日6日の集中豪雨

 5日~6日の神石高原町新免を襲った豪雨の被害です。もの凄い大雨でした。只、家にいて、大雨情報と麻原彰晃関連のニュースを見るしかなかった。
画像

 町道の土砂崩れです。車は、土砂の右側を辛うじて通れる。
画像
 道路が半分なく、車では通れません(この道路は、庄原市の管轄で修復には時間が掛かりそう)。
 この他にもあちこちで大小の土砂崩れは起きており、通行止めの標識がある。
画像

画像
 弘法滝前の帝釈川です。13:00の時点では、水位は低下しているが、休耕田の土手を越えたよう。
 これだけの豪雨は、5年前の平成25年9月の台風17号による豪雨以来です。5年前には、土手を超えなかったが、今回の豪雨は、土手を超えてしまった。土手を超えたのは、昭和47年の中国地方を襲った豪雨まで遡ることになる。46年振りである。
 いつもの帝釈川は、葦で被われ、サラサラと流れている程度が、ここまで水位が上昇するのは、あまり見たことがない。増水した流れを見ていると吸い込まれそうになる。小さな橋は流されてしまった。今も尚、下流の岡山県倉敷市には、甚大な洪水被害をもたらしている。
 数十年に一度の災害が毎年のように起こっている。豪雨だったり、猛暑だったり、台風が異常に発生したり、何か変。
 この豪雨で、被害に遭われた方には、謹んでお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方には、心からご冥福をお祈り致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

おおやま
2018年07月07日 19:53
ご無事だったようでなによりです。
地盤が緩んでいるようですし、気をつけてくださいね。。。
こきち
2018年07月07日 20:22
コメント、ありがとうございます。
また、ご心配を頂き、ありがとうございます。
川の傍に住んでる人たちは、避難指示に従い、避難されたようです。
滋賀県も相当降ったようですね。南郷洗堰は、当然、全開放流したのでしょうね。
おおやまさんも子育て頑張って下さい。
もう、大きいか・・・。

この記事へのトラックバック