白菜・ダイコンの種まき

 冬の野菜、白菜・ダイコンの種をまいた。
画像
 白菜は、鍋の友として、必須で、白菜がないと物足りない。白菜は、蛾や蝶が葉の間に入り込んで卵を産み、幼虫となる。その幼虫が駆除できず、葉がスダレのような白菜となってしまったので、栽培を諦めていた。
 しかし、細かい網目のシートや不織布を被せれば、侵入されないことが判り、久し振りに栽培してみることにした。白菜は、種(2、3粒毎)をポット28個にまいた。
画像
 ダイコンは、路地に30cm間隔で35ヵ所に直接種(3、4粒毎)をまいた。どちらも発芽適温20~25℃なので、2、3日で芽が生える。しかも、どちらも発芽率85%以上なので、芽が生えやすい。
 ダイコンは、芽が生えてから、葉を食害されないようにコーラの1.5L-PETボトルを半分にしたものを被せ、2、3葉になったら、1本に間引いて、育てる。白菜は、ポットで2、3葉になったら、1本に間引き、ある程度生育してから、定植して細かい網目のシートを被せる予定です。
 今年の冬は、白菜入りの一人鍋を楽しもう。肉は憎きシシ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック