種まきから2週間

 今日は、久し振りの晴れ。洗濯日和です。
 さて、タマネギの種まきから2週間が経った。
画像
 まいた種450粒のうち300粒位は、芽が生えたでしょうか。発芽適温(15℃~20℃)の範囲に入ったようです。また、今のところ、心配していた肥料焼けも、起こってない。タマネギの根は、先ず1本の根(葉1枚に対応)が生え、真下に向かって生長していく。葉とほぼ同じ長さになる。そして、根が分岐し始める。さらに、2枚目の葉が生え始め、同時に2本目の根が生え始める。
 しかし、根が高濃度の肥料に出会うと枯れてしまう(肥料を与えないとヒョロヒョロの細い苗しか出来ない)。
 そこで、今年、肥料焼け防止として、たねまき培土(1~2cm)の下に鶏糞の無添加層(1~2cm)を苗床に設けた。また、苗の生育適温期間に生育を促進するために、昨年より半分の量ではあるが、鶏糞を施している。
 たねまき培土層と鶏糞の無添加層で、生えたばかりの軟弱な根を逞しく生長させた上で、鶏糞を施した層に入って鶏糞の栄養分を十分に摂し、割り箸並みの太さに生長させたいと考えている。2週間が経って、葉が5cm位に生育していることは、根も5cm位延び、鶏糞の添加層へ延びている可能性がある。ここ1週間位が肥料焼けの峠かもしれない。ただ、トタンを被せているものの、雨が続いたせいか、葉が倒れて培土に接しているのが気になるところ。
 こんなことを考えていても、上手くいかないのが、種からの苗作り。難しいところが面白いのかもしれない。
 でも、芽がチャンと生えたので、今年こそは、(天津木村調で)上手く、いきそうーな気がするー⤵。あると思います、200本!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック