巣箱の様子

 昨日、今日と晴れるには晴れるが、雲が多く、秋晴れのようにはスッキリと晴れない。
 さて、ミツバチが入巣してから、5ヶ月が経った。その様子です。
画像
 元気に花粉団子や蜜を集めている。昨年と違うことは、巣箱の出入口付近にミツバチが沢山たむろしている。スズメバチ対策かもしれないが、7、8月の多いときにはこの3倍は、いただろうか。 例年だとスムシ対策で底板を掃除するために交換するのだが、ミツバチがたむろしているので、スムシが侵入できないだろうと交換してなかった。本当の理由は、ミツバチが多過ぎて、交換できなかったのです。
 最近は、スズメバチ(キイロ)が良くやって来て、ミツバチをさらって行く。ミツバチ達も熱殺蜂球で退治するが、かなりの数が犠牲になる。
画像
 観察すると、スズメバチは、巣箱の出入口付近で待っていて、巣箱に帰って来るミツバチを狙っている。ミツバチは花粉団子を身に付けたり、蜜を腹一杯にして、ヨロヨロと巣箱に帰って来る。水の中に例えると立ち泳ぎの状態で待っていて、スピードが遅くなったところを狙っている。スズメバチは、ミツバチよりも数倍早く、サーッとさらって去って行く。そのスズメバチを虫取り網で捕獲するのです。ミツバチの捕獲の方へ注意が向いているので、比較的簡単に捕獲できる。刺されそうにもない。今日は、5匹とオオスズメバチ1匹を捕まえた。
画像
 そして、直ぐ叩き潰す。今日、捕獲したスズメバチで10匹以上が犠牲になるだろう。
 まさか、ミツバチが減ったのは、スズメバチにさらわれたから?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック