山芋の収穫

 昨日の秋晴れと違い、今日は、曇り空。夕方には小雨が降り始めるとか。
 さて、山芋を収穫した。昨年は、猪に襲撃でほぼ全滅させられた。今年は、襲撃を受けなかった。というよりも、襲われる前に収穫したという表現の方が正しい。昨年、猪が食べ残した山芋の欠片を拾い集めてストッカーに保管していた。年が明け、5月6日に植付けた。比較的大きい種イモは、赤土を詰めたパイプ(直径6cm×長さ90cm)の中に植付けた。またムカゴや山芋の小さな欠片は、赤土の枠の中に植付けた。
 そして、収穫です。
画像
 パイプ中の山芋は、長さは、30cm~50cm。重さは80g~200gである。パイプの中に1本だけのまともなものは、半分位でしょうか。2、3本の山芋が出来ているものが多い。またパイプからはみ出して生長しているものもある。これが掘るのが難しくやっかいだった。殆ど途中で折れてしまった。
 最も太いものを食べてみた。皮を削って、薄く短冊に切って、昆布つゆで頂いた。
画像
 シャキシャキと絶妙に美味い。猪に襲われながら、自分で育てた山芋。しかも、ムカゴから3年掛かっている。そりゃー美味い筈だ。
 収穫した山芋の長さは、適当だが、太さが不十分である。今年、路地植えのムカゴから芽が生えてきたのを合図に、5月6日に植付けた。植付け時期が3月中旬~5月中旬という、少し遅かったのかもしれない。来年は、1ヶ月位早く植付けよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Mura
2018年10月16日 19:43
やっと味わう山芋の味は格別だった事でしょう。
写真で見る限りでは食べ過ぎの心配はなさそうですが美味しいとついもう少しと気になるものです。
さて、来年の栽培はどうか?な~
こきち
2018年10月16日 21:03
コメント、ありがとうございます。ムカゴからだと3年掛かることが判りました。3年越しの恋ならぬ山芋。美味しかったですよ。来年は、立派な山芋を作り、差し上げますので、ご期待下さい。

この記事へのトラックバック