根切り虫の被害

 今日も晴れているものの、気温が14、15℃と上がらない。
 さて、先日、タマネギ苗730本を定植した。そのうち苗4本が倒れているので、葉を引っ張ってみると根から2、3cm上の茎を切られていた。
画像
 根切り虫の仕業だろう。植付けてから数日しか経ってないのに被害を受けた。苗の周りを掘ったが2匹しか見つからなかった。
画像
 畑に元々居たのでしょう。根切り虫が居る限り、いつまでも周りの苗を食害するので、駆除する必要がある。
 9年前は慌てた。何が食害しているか判らなかった。その時、根切り虫の存在を初めて知った。根切り虫の成虫は、カブラヤガが殆どで、10月~11月に発生する。正に今が多い。霜が降りる頃には、見られなくなる。対策は見つけ次第、捕殺すること。今は、余裕のよっちゃん。その苗の周りの土に潜り込んでいるので、見つけることが出来る。この程度の食害であれば、1週間もすれば、新しい葉が生えてくる。タマネギの苗は、逞しいのです。また食害を考慮して余分に植付けている。というか、購入時、100本以上も余分に束ねられていたのだから・・・。
 茎を切る虫でも「根切り虫」とは、これ如何に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック