通行止め解除

 7月の集中豪雨で半壊していた道路の工事が終了し、通行止めが解除された。
画像
 これで、迂回しなくても良くなり、時間短縮となる。あちこちで土砂崩れがあって、庄原市の外れなので、復旧工事が最後となり、2、3年掛かるものと思っていたが、意外と早かった。
 また、別で、道路の半分が土砂崩れ被われていた場所(車は辛うじて通れていた)の工事も終了した。
画像
 庄原市には、土砂崩れの道路でまだ復旧工事が進んでいない場所がある。民間の会社の土手(約10m)が崩れ、市道に流れ落ちた。暫く通行止めだったが、道路を利用する有志の方々で、道路上の崩れ落ちた土砂は、取り除かれ、車が通れるようになっていた。しかし、土手の補強工事がまだだった。大雨が降るとまた土砂崩れする可能性がある。土手は民間の私有地、道路は市道で、工事費用をどちらが負担するか、揉めていたとか。最近、通行止めになったので、工事が始まったようだ。どちらが負担するのか決まったのでしょうか。半々か。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック