お年玉切手シート

 先日の20日、お年玉年賀はがきの抽選会が行われた。今年の商品は、東京五輪にペアで招待があった。ペアで招待と言えば、広島銀行のカープ応援預金で、金利上乗せの他にマツダスタジアムにペアで50組招待があるが、毎年当ったことはない。東京五輪も当らなかった。例年だと、お年玉切手シートが1、2セットが当る程度(全く当らない年もあった)で、引き替えの期間が過ぎたりして、引き替えに行ったことはなかった。
 しかし、今年は、お年玉切手シートが5セットも当っていた。5セットは、初めてのことです。値段にして720円もある。お年玉切手シート位でラッキーをあまり使いたくないが、素直に喜びたい。放って置くと忘れてしまうので、早速、これらの年賀はがきをくれた友人に感謝しつつ、引き替えに行った。
画像
 切手は、招き猫のデザイン。右手を挙げた猫と左手を挙げた猫。どういう意味があるのだろう。調べてみた。
 右手を挙げた猫は、金運やお金を招く。一般の家庭に置かれている場合が多い。左手を挙げた猫は、人を招く。人が寄ってくることで、商売繁盛にご利益があり、お店に置かれている場合が多いとか。知らなかった。お店に置かれている猫を注意してみよう。
 今年は、郵政の日の4月20日に2回目の抽選があり、特別な切手シートが当る「ダブルチャンス賞」があるとか。楽しみにしましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック