タマネギの生育状況

 タマネギの生育状況です。昨年11月上旬、黄タマネギ600本以上を定植し、4ヶ月以上が経過した。1月中旬、猿軍団に襲われ、食害されてしまった畝です。苗の球の部分を食害されたものは、ダメだが、それ以外の150本以上を植付けていた。苗の葉をかじられ、球の部分だけのものも沢山あった。それから2ヶ月が経ち、良く育ったものだ。襲われなかった苗と比べても、遜色ない。
          (猿軍団に襲われた畝)
画像

          (猿軍団に襲われなかった畝)
画像
 今年のタマネギは、例年に比べ、葉・茎が大きく、葉の緑が濃く、生育している。今年の冬は、例年に比べ、雪が少なく、暖かったからでしょう。例年、3月の彼岸を最後に、追肥(化成肥料)を行うが、生育が良く、追肥をすると、トウが立つ可能性があるので、小さな苗以外は、追肥しなかった。
  今年も、苗500本以上のタマネギを育てることになるが、後は、手が掛からず、収穫を待つだけである。今年は、300g~400gのものが200個以上期待できそう。収穫したら、ジャガイモと一緒に長男夫婦、次男夫婦に送ってやろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック