ミツバチは死んでいた。

 他のミツバチは忙しく働き始めているのに、冬越しをしている自前のミツバチは一向に出入りする姿が見えない。巣箱を倒して、巣箱の底から覗くと、巣箱の中は底まで巣で一杯だったが、ミツバチは死んでいた。ショックです。
画像

画像
 死んだ原因は、食料不足? ミツバチの数は多かったが、ハチミツを採取しなかったので、食糧は十分だと思われ、考え難い。
 また、死んだ原因は、寒さ? 今年の寒さ対策は、巣箱に発泡スチロール箱、段ボール箱を被せた上に毛布を掛け、巣箱全面には出入口を狭くして木板を貼付けた。しかも、今年は、暖冬だったので、寒さの原因は、考え難い。
しかし、死んだ理由は、食糧不足か、寒さ以外考えられない。
 いずれにしても、全匹が死んだわけで、可哀想なことをしてしまった。
 巣箱に残ったのは、大量のハチミツ。巣箱は、高さ90cm、縦横25cmある。巣が一杯で重かった。20kgは優にある。他のミツバチがハチミツを取りに巣箱に入っているので、巣を絞ることにした。20L以上ありそう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック