魚と暮らしの史料館

 「水木しげるロード」の隣にあったのが、「魚と暮らしの史料館」。「水木しげる記念館」の臨時駐車場が「魚と暮らし・・・」の隣にあったので、ついでに「魚と暮らし・・・」に入場する人が多い。「水木しげる・・・」と「魚と暮らし・・・」との入場券をセットでも売っていた(バラだと計1,100円のところが800円)。「魚と暮らし・・・」に展示してある魚は、本物のはく製である。大きさに目を引いたのが、マンボウ、ホホジロサメ、ピラルク。本物ならではの迫力と美しさにビックリ。
          (マンボウ)
画像

          (ホホジロサメ)
画像

          (ピラルク)
画像

 魚の名前のボタンを押すと実物大の魚のランプが点灯するコーナーがあったが、殆どランプが切れていたのが、残念。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック