盗蜜

 何かブンブンと音がするので、上空を見上げるとミツバチの大群が舞っていた。この時期に分峰はないだろう。5月の分峰に比べると数が相当少ない。500~1,000匹。
 その後、日課のパトロールで巣箱を見に行くと、その巣箱に大群が入ろうとしていた。その間にも、オオスズメバチがやって来る。虫取り網で捕獲する。暫く巣箱をみていると、ドンドン巣箱に入っていき、大群のミツバチと巣箱のミツバチが戦っているようだった。巣門から引きずり出している。巣門近くに10匹以上の死骸が出来た(前面のミツバチは、全て死骸)。
IMG_1072(1).jpg そして、ドンドン巣箱から出て来る。大群は、巣箱のミツバチを殺し、盗蜜に来ていることが判った。巣箱にいるミツバチの群は、オオスズメバチの襲撃で巣箱の外に出ることが出来ず、採蜜も出来てない。群の勢いがかなり弱っている。そこに盗蜜の他の巣のミツバチがやって来ているのだ。オオスズメバチがやって来ているところにミツバチが・・・。泣きっ面にハチ。
 対策の方法は、門番の負担を軽減するために、巣門の長さを短くすること、巣箱を2km以上離すこととか。後者はムリだが、前者は巣門の半分をAl板で塞いでみよう。
 こんな経験は、初めてのことです。ミツバチには、オニヤンマ、スムシ、スズメバチの天敵の他に同じミツバチにも殺されるとは、思ってもみなかった。ミツバチの寿命は僅か40日なのに可愛そう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント