ミツバチの寒さ対策

 今年のミツバチの巣箱は、5箱が入巣したが、2箱は逃げていき、1箱は、他の群れの襲撃に会い、1箱は、オオスズメバチの襲撃で、ミツバチは居なくなった。残るは1箱のみとなり、大切に育てたいところです。
 12月に入って、最低気温が-2~-3℃を示すようになったので、ミツバチ巣箱の寒さ対策を行った。2年前、-10数℃の寒波で、ミツバチを全滅させ、可愛そうなことをしてしまった。厚み15mmの発泡スチロール箱を被せていたが、それだけでは、寒さ対策になっていなかった。-数℃の寒さには、耐えられたが、-10数℃の寒さには耐えられなかったのです。今まで、冬越しをしたことがないので、重厚に寒さ対策を行った。
          (Before)
IMG_0684(4).jpg
          (After)
IMG_1108(2).jpg
 15mmの発泡スチロール箱の上に段ボール箱を被せ、カマス(藁むしろ)で側面を囲い、板で囲った。巣門も5cm位に小さくした。
IMG_1109.JPG
 小さくした巣門で固まって羽を動かして体温を上げて寒さを凌いでいる。
 さらに、寒い予報があれば、小屋の中に入れる予定です。これでダメなら、鍾乳洞の中か・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント