鳴門金時の植付

 今年も、サツマイモ、鳴門金時のツルを植付けた。猪に襲われない畑に25本(34円/本)を購入して植付けた。
IMG_1227(1).jpg
 一昨年の品種は、紅あずま、昨年は、シルクスイート。昨年のシルクスイートは、芋が小さく失敗だった。安納芋・シルクスイートのような品種は、生育適温がやや高く、神石高原町の天候には、合わないことが判った。ホームセンターにあるもので、葉の緑が濃く、元気な品種を選んでいる。作りやすい、紅あずま、鳴門金時であれば、どちらでも良かった。
 肥料は、気持ちだけ、牛糞入り堆肥を3畝に対し、5kg程度施した。ツル間隔は、30~40cmとした。昨年のシルクスイートよりも、9日も植付けが早い。活着までは、毎日、水遣りする予定です。
 鳴門金時の生育適温が25~30℃(地温15℃~)であるが、雨が降らない日が続くときは、水遣りを行って、ジックリ育てる予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント