堂林翔太

 今年、カープの堂林翔太選手は、素晴らしい活躍をしている。
IMG_1270(1).jpg
 現在、打率0.443でセリーグの首位打者である。中京大中京高校出身28歳12年目。高校3年の夏の甲子園では、エース・4番で優勝している。堂林選手の今年の活躍を誰が予想していたでしょうか。しかも鈴木誠也選手と一緒にクリンアップを打つなんて予想もしてなかった。
 私が堂林選手のファンになったのは、2009年ドラフト2位(1位今村猛)でカープに入団した時からだと思う。入団3年目(2012年)、3塁手7番で1軍デビュー。この試合でプロ初安打。この年、14本の本塁打を打った。翌年2013年には、野村謙二郎監督の期待を受けて、背番号7を譲り受け、活躍が期待された。しかし、その後、守備位置を外野手にしたり、内野手に戻したりしたが、総じて打撃が振るわず、毎年、期待外れだった。昨年は、1軍の試合では、28試合しか出場していない選手が覚醒したのだ。堂林選手がヒットを打って、塁上で、ボールボーイにレガースなどを会釈しながら渡したり、はにかみながら微笑んでいる姿が何とも頼もしく、絵になる。
 最近の試合を見ていると、堂林選手の前を打つ選手は、「堂林選手に何とか回そう」、堂林選手が作ったチャンスには、「堂林選手を何とか帰そう」という、雰囲気を感じる。人の何倍もバットを振ったのでしょうね。手のひらを見てみたい。
 鈴木誠也選手には悪いが、今年、何とか打率4割をキープして首位打者を取ってほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント