タマネギの収穫

 タマネギの茎が倒れ、葉が枯れてきたので、収穫した。予め、晴れが2日間続いたので、タマネギを抜いて置いた。昨年11月、タマネギ苗を3ヵ所(235本、165本、150本)に分けて植付けていたが、その1ヵ所(235本)を猿軍団に襲撃されたので、残りの2ヵ所です。
 また、1ヵ所(165本)は、昨年12月猿軍団に襲われ、葉は食害され、タマの部分は、活きていたので、再び植付けた。葉を食べられているので、相当なダメージを受けていた。
 さらに、もう1ヵ所(150本)は、猿軍団には襲われなかったが、トウ(花芽)が立った。
IMG_1375(1).jpg
 数えてみると68個あった。苗が大きかったこともあるが、肥料も多かったからと思われる。芽が生えたタマネギを株分けして植付けると、60%~70%トウが立つことが判っているが、なぜ、トウが立つのかよく判らない。小さな苗を植付けるとトウは立たないが、タマネギは小さなものしか出来ない。苗の大きさに因って、肥料を調整する必要があったのか・・・。この辺の塩梅が難しい。
 しかし、トウ立ちタマネギは、メリットもある。それは、冬を越し春が近づくと、通常のタマネギは、芽が生え始め、3、4月には芽がネギのように大きくなるが、トウ立ちタマネギは、芽が生えないのである。トウの部分は、食べれなくはないが、茎のように固いので差し上げるには好ましくない。栽培してみて初めて判ったことである。
IMG_1377(1).jpg
 結局、差し上げることが出来るタマネギは、150個程度である。猿軍団の襲撃がなければ、400個位収穫出来ただろうに・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント