落ち葉の堆肥化(3)

 今日は、台風18号の来襲前の秋晴れ。気持ちが良いのは、今日までか。
さて、11月になると枯れ葉が落ち始める。今年も落ち葉を集めたい。堆肥化落ち葉は、窒素成分を多く含む、肥料として、好適に用いられ、作物がより大きく生育する。そして、もう一つの効果は、畑がフカフカになることである。それは、畑がフカフカになると、作物の根が深く広く張り易い。それらの根は、より多くの栄養分を吸収し易くなって、生育が促進されるのではないかと…。含有窒素成分の肥料の効果だけでなく、フカフカの効果も大きいのではないかと思うようになった。何れにしても、落ち葉が生育に好ましいことには間違いないので、毎年、落ち葉を集めている。
 しかし、堆肥化落ち葉を畑に施すと、思わぬ、欠点があった。ミミズが沢山増え、餌となるミミズを狙って、モグラが沢山やってくる。モグラは、畑の中をグチャグチャに掘り返えし、作物の根も一緒に掘り返してしまう。モグラ対策を検討している。
 ところで、昨年に採取した、落ち葉がまだ完全に堆肥化が出来てないので、11月上旬、タマネギ用の肥料に、間に合わせるために、落ち葉を掻き混ぜている。堆肥化は、微生物に酸素を送るために定期的に掻き混ぜが必要である。また、微生物の好物である、米ぬかを与えることで、より堆肥化が促進する。前回、掻き混ぜたのは、9月上旬だった。種から生育した白菜の周りに落ち葉を施した。ついでに掻き混ぜていた。
 そして、1ヵ月振りの掻き混ぜです。ポリフィルムをめくってみると、珍しいキノコが生えていた。
画像
 きのこ図鑑で調べたが、名前が判らない。よく見ると、普通のキノコだった。笠が開き過ぎて、強風で傘が逆開きのような状態だったのだ。
 堆肥化は、葉の形が残っており、殆んど進んでいない。落ち葉の温度は、38℃(気温は24℃)。
画像
 今年、4月に測った時には、58℃に比べれば、かなり低い。微生物に元気ない。堆肥化が進んでいないことを裏付けているのか。小まめに掻き混ぜて、米ぬかを与えよう。保険も妻も落ち葉もほったらかしは良くない。
 落ち葉の下部を少し掘ると落ち葉が細かくなっている。さらに掘ると、カブトムシの幼虫が6匹。
画像
 全体では、50匹以上居そう。温度は、20℃以下で低い。カブトムシの幼虫は、温度の低い方に移動し、堆肥化に協力してくれている。ありがとう。




ナカトミ(NAKATOMI) 回転式コンポスター RC-180
ナカトミ産業

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナカトミ(NAKATOMI) 回転式コンポスター RC-180 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

乾燥式 生ゴミ処理機  生ごみ処理機  落ち葉や生ゴミを堆肥化してリサイクル。【スタンド式コンポスト】堆肥作りに。回転コンポスター
園芸百貨店何でも揃うこぼんさい
容器を回転させることにより、手を汚すことなく内容物をかき混ぜて酸素を供給し、発酵を促します。短期間で

楽天市場 by 乾燥式 生ゴミ処理機  生ごみ処理機  落ち葉や生ゴミを堆肥化してリサイクル。【スタンド式コンポスト】堆肥作りに。回転コンポスター の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

MT)カレンデュラJ(Kiz)小20ml
ホメオパシージャパン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MT)カレンデュラJ(Kiz)小20ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"落ち葉の堆肥化(3)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント