巻くには巻いたが…

 朝の気温は、氷点下。昼間の気温は、10℃位だが、時折、突風が吹く。
 さて、白菜のことです。11月下旬、遅くに定植した白菜の葉が巻くかどうか、心配し、ブログに記載した。白菜の生育適温は、20℃前後なので、12月の生育は、ほぼ諦めていた。それから、1ヶ月が経過した。
画像
 生育適温を大幅に下回っても、生育するものです。1ヶ月前に比べ、葉は大きく、葉の数も増えた。しかも、霜に打たれると葉が枯れても良さそうだが、何度も霜に打たれたにも関わらず、青々と生育している。
 しかし、葉が巻くには巻いたが、葉がスカスカです。味噌汁の具には、使えそう。
 「霜に打たれた渋柿の味 辛苦に耐えた人の味」厳しい霜にさらされた渋柿は、色も味も良くなるように、苦労を重ねて生きてきた人には人を惹きつける魅力があるとか。
 人は、兎も角、白菜は、霜に打たれると美味しくなる気がする。

"巻くには巻いたが…" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント