落花生の花

 今年も落花生の花が咲いた。
IMG_1257(1).jpg
 蝶が羽を広げたような鮮やかな黄色の花です。地上2、3cmの高さで、雨が降ると泥がはねて汚れそうです。でも、昆虫たちには目立つ黄色です。この花が受粉し、しぼむと、つけ根の子房柄(しぼうへい)が地中にもぐり、実になる。このユニークに生長するのを観察したくて、育て始めて、7年になる。
 落花生は、発芽適温が20℃で温暖な地方の作物なので、最初は、色々と失敗した。先ず、早く種をまいたため、芽が生えてこず、種は腐ってしまった。地温が20℃以下だと芽が生えてこないこと、また、芽が生えてこないと思ったら、アリに食べられていたこともあった。食べられる前に芽を生えさせることが判った。
 以上を踏まえ、種まきは、地温が20℃以上になる5月下旬とし、早く芽を生えさせるために、種を一晩水に浸けることとしている。最近は、問題なく栽培できているが、土壌が堅く、収穫時スポスポと抜けないのが難。千葉県で栽培されているように砂地が良いのだろうか。

"落花生の花" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント