加田の湯

 10日、山の日に三瓶山の登った帰りに温泉「加田の湯」に入った。
加田の湯200810(1).jpg
 秀峰琴引山を仰ぎ、神戸川のせせらぎと小鳥のさえずりを聞き、ゆったりと浸かる、黄金色の濁り湯の「加田の湯」と書けば、聞こえは良いが、赤茶色の温泉。鉄分の多い泉質なのが判る。山登りの後の温泉は気持ちが良い。
 そして、三瓶自然館サヒメルと小豆原埋没林公園に行った。
DCIM0378(2).jpg
 三瓶山が最後に噴火した、4,000年前に埋もれた根回り10mの埋没杉にはビックリ。油木・亀鶴八幡神社の長年杉の樹齢300~400年(幹周5.37m)に比べると樹齢1,000年以上です。
4,000年前の森を火山が閉じ込めた軌跡の森。太古の自然の鼓動は、私には聞こえてこなかった。
 そして、食べ物で出雲と言えば、蕎麦。小豆原埋没林公園近くの「そば処一福」に行った。
蕎麦一福200810(1).jpg
 人気の蕎麦店のようだったが、昼時を外れ、空いていた。割子蕎麦を頼んだ。
DCIM0379(1).jpg
 十割蕎麦なのに二八蕎麦のような口当りでサラッと食べられる。美味しく頂きました。

"加田の湯" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント