鳴門金時の収穫

 今朝は寒い筈です。気温は、-2℃。白く霜が降りていた。霜が降りそうだからではないが、昨日、鳴門金時を収穫した。ツル25本を植付けたのは、5月14日。約6ヶ月育てたと言うよりも、夏場、たまに水をやる程度で放っておいた。只、ここの畑は、猪に襲われる心配がないので安心なのです。
 葉っぱが茶色くなってきたので収穫した。
DCIM0447(1).jpg
 鳴門金時は、小ぶりで、量・数も少ないです。最も大きいもので200gです。畑には、もう少し大きくなって欲しいと植付け時に牛糞入り堆肥を10kg程度施したが、元々痩せた畑で効果はなかったようです。8月、全く雨が降らなかったのも影響あるかな。小ぶりの方が、1人で食べるには丁度良い大きさだと、負け惜しみです。サツマイモは、痩せた畑でジックリ育てるのが良いと言われるが、200gでは、心許ない。料理のレシピに中サイズ(300g)とあるようにせめて300gは欲しい。ベスト来年は、もう少し多目に肥料を施す予定です。

" 鳴門金時の収穫" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント